アートメイクの衛生管理はどうする?感染症のリスクを防ぐポイント

アートメイクにおける衛生面とラップの使用について

アートメイクは、皮膚に色素を注入する施術であるため、衛生管理が非常に重要です。適切な衛生管理が怠られると、感染症などのリスクが高まります。

アートメイクにおける衛生管理のポイント

  • 使い捨ての針やチップを使用する: 針やチップは、施術ごとに使い捨てのものを使用する必要があります。
  • 滅菌済みの器具を使用する: アートメイクペンやマシンなどの器具は、滅菌済みのものを使用する必要があります。
  • 施術者の手袋着用: 施術者は、常に清潔な手袋を着用する必要があります。
  • 施術部位の消毒: 施術部位は、施術前に消毒する必要があります。
  • 施術後のアフターケア: 施術後は、医師の指示に従って適切なアフターケアを行う必要があります。

ラップの使用

アートメイク施術において、ラップは主に以下の目的で使用されます。

施術部位の保護: ラップを施術部位に被せることで、施術部位を保護することができます。

器具の滅菌: ラップで包んで高温滅菌を行うことで、器具を滅菌することができます。

感染防止: ラップを施術者と患者さんの間に挟むことで、感染を防ぐことができます。

ラップの種類

アートメイクで使用されるラップには、主に以下の種類があります。

バリアフィルム: 器具の滅菌に使用されます。

医療用ラップ: 医療機関で使用されるラップです。施術部位の保護や感染防止に使用されます。

サランラップ: 家庭用ラップです。緊急時などに使用することができますが、滅菌ラップや医療用ラップほどの安全性はありません。

ラップを使用する際の注意点

ラップは清潔な状態で使用する必要があります。

ラップが破損している場合は使用しないでください。

ラップを長時間使用すると、蒸れによる皮膚トラブルの原因となる場合があります。

まとめ

アートメイクは、適切な衛生管理が重要です。ラップは、衛生管理を徹底するための一つの手段として有効です。ラップを使用する際は、種類や使用方法に注意する必要があります。

アートメイク商材・サプライに巻き付けて使用します。

ーーー

「ビューティーサプライ アートメイク用品個人輸入代行店」は日本では入手困難なアートメイクサプライやアートメイク商材を多く取り扱っております。

アートメイクのPMUマシンをはじめ、アートメイク用ニードル、アートメイク色素、その他消耗品を数多く取り扱っております!