ブロウアートメイクの練習に最適な3D人工皮膚

ブロウアートメイクで人工皮膚を使う方法は、主に2つ

1. 練習用

アートメイクの技術練習やデザインのシミュレーションに使用します。人間の肌ではなく、人工皮膚を使うことで、失敗を恐れずに練習できます。人工皮膚には、様々な種類があり、質感や厚みが本物の肌に近いものもあります。

2. 施術前シミュレーション

お客様に施術する前に、デザインや色を人工皮膚でシミュレーションすることで、仕上がりイメージを共有し、お客様の希望に沿ったデザインを提案しやすくなります。お客様にとっても、仕上がりを事前に確認できるため、安心感が高まります。

その他

人工皮膚を使ったブロウアートメイクは、以下のようなメリットがあります。

失敗を恐れずに練習できる

施術前シミュレーションで、お客様の希望に沿ったデザインを提案しやすい

衛生的に施術できる

一方、デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

本物の肌とは質感や発色が異なる

練習用の人工皮膚は、高価なものもある

ブロウアートメイクで人工皮膚を使用する際は、目的に合った種類を選ぶことが重要です。また、衛生面に注意し、使い捨てのものを使用するなど、適切に取り扱うようにしましょう。

ーーー

「ビューティーサプライ アートメイク用品個人輸入代行店」は日本では入手困難なアートメイクメイクサプライやアートメイク商材を多く取り扱っております。

アートメイクのPMUマシンをはじめ、アートメイク用ニードル、アートメイク色素、その他消耗品を数多く取り扱っております!