リップアートメイクの痛さは?痛みを軽減する方法はある?

リップアートメイクの痛み

リップアートメイクは、唇に針で色素を注入する施術です。他のアートメイクと同様に、痛みを感じることがあります。

痛みの感じ方

  •  個人差があります。
  •   唇の皮膚は薄くデリケートなので、痛みを感じやすいです。
  •  施術部位や針の太さによっても変わります。
  •  痛みはチクチクするような感じや、熱さを感じる場合もあります。

痛みの軽減方法

  •  麻酔:ほとんどのクリニックで表面麻酔やブロック麻酔を使用しています。
  •  施術者の技術:経験豊富な施術者は、痛みを少なく施術することができます。
  •  リラックス:緊張すると痛みを感じやすくなります。リラックスして施術を受けるようにしましょう。

痛みの目安

  •  表面麻酔のみの場合:チクチクするような痛みを感じる場合があります。
  •  ブロック麻酔の場合:ほとんど痛みを感じません。

ダウンタイム

  •  施術後は唇が腫れたり、ヒリヒリしたりすることがあります。
  •  数日で治まりますが、刺激物は避けましょう。

まとめ

リップアートメイクは痛みを感じますが、麻酔や施術者の技術によって軽減することができます。痛みに不安がある場合は、クリニックに相談して、自分に合った施術方法を選びましょう。

ーーー

「ビューティーサプライ アートメイク用品個人輸入代行店」は日本では入手困難なアートメイクサプライやアートメイク商材を多く取り扱っております。

アートメイクのPMUマシンをはじめ、アートメイク用ニードル、アートメイク色素、その他消耗品を数多く取り扱っております!