リップ(唇)アートメイクはいつ定着する?1回目はすぐ消えるのは本当?

リップアートメイクの定着について

リップアートメイクは、唇に色素を注入することで、口紅を塗ったような状態を半永久的に保つ施術です。施術後は個人差がありますが、一般的には1週間前後から色が定着し始め、2週間ほどでほぼ定着します。その後、徐々に色が薄くなっていくため、1~3年程度で施術を再度受ける必要があります。

定着に影響を与える要素

個人差: 体質や唇の状態、施術後のケアなどによって、色素の定着具合には個人差があります。

施術内容: 注入する色素量や施術方法によって、定着期間が多少異なります。

ダウンタイム中の過ごし方: 施術後は紫外線対策や保湿など、ダウンタイム中の過ごし方に注意する必要があります。

定着を促進する方法

施術後の指示をしっかり守る: 施術後は、クリニックから渡された指示書をよく読んで、指示を守ることが大切です。

紫外線対策を徹底する: 紫外線は色素を分解してしまうため、施術後は日焼け止めをこまめに塗り、紫外線対策を徹底しましょう。

唇を乾燥させない: 唇が乾燥すると、色素が剥がれやすくなります。保湿クリームなどでしっかりと保湿しましょう。

刺激物を控える: 辛い食べ物や熱い飲み物など、唇を刺激するものは控えましょう。

禁煙する: 喫煙は唇の血行を悪くし、色素の定着を妨げることがあります。

リップアートメイク施術1回目は消えるって本当?

消えるのは当たり前!1回目では約6割、2回目で完成

リップアートメイクは、1回目では色が定着しにくく、約6割程度消えてしまいます。これは、体内に異物が入ってきたと判断し、排除しようとする体の自然な防御反応によるものです。

しかし、2回目以降の施術で色素が定着しやすくなり、徐々に理想のデザインに近づいていきます。2回目で約8割、3回目で完成と言われています。

1回目が消えやすい理由

体の防御反応: 上記の通り、体内に入った異物を排除しようとする反応です。

施術部位の血流: 唇は血流が丰富的なので、色素が流れやすくなります。

乾燥: 乾燥しやすい唇は、色素が定着しにくくなります。

1回目でしっかり色を残すコツ

施術後のアフターケアをしっかり行う: 乾燥や紫外線から守り、保湿を徹底しましょう。

クリニック選び: 経験豊富な施術者が多いクリニックを選びましょう。

自分に合った色素を選ぶ: 肌質や希望の色持ちに合わせて、色素を選びましょう。

まとめ

リップアートメイクは、1回目では消えてしまうのが一般的です。しかし、2回目以降の施術でしっかりと色素が定着し、理想のデザインに近づきます。アフターケアをしっかり行い、自分に合ったクリニックを選べば、より満足度の高い仕上がりを期待できます。

定着に関する疑問点があれば医師に相談

リップアートメイクの定着具合には個人差があり、上記はあくまで目安です。もし、定着具合について疑問点があれば、施術を行った医師に相談することをおすすめします。

ーーー

「ビューティーサプライ アートメイク用品個人輸入代行店」は日本では入手困難なアートメイクメイクサプライやアートメイク商材を多く取り扱っております。

アートメイクのPMUマシンをはじめ、アートメイク用ニードル、アートメイク色素、その他消耗品を数多く取り扱っております!