妊娠中にアートメイクを受けることはできる?ダメな理由や胎児への影響はあるのか?

妊娠中のアートメイクについて

妊娠中のアートメイクは、基本的におすすめできません。多くのクリニックでは、施術をお断りしているか、安定期 (妊娠16週~27週)であっても慎重に判断しています。

理由としては、以下の点が挙げられます。

麻酔の影響: アートメイクでは、痛みを軽減するために少量の麻酔を使用することがあります。しかし、胎児への影響が 完全にない とは 断言できません。

感染症リスク: 妊娠中は免疫力が低下するため、施術による 感染症リスク が高くなります。もし感染症にかかった場合、使える薬が制限されるため、十分な治療が受けられない可能性があります。

色素の定着: 妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌質が変わりやすく、 色素が定着しにくい と言われています。

体調: 妊娠中は体調が不安定になりやすく、施術中に 体調を崩してしまう 可能性があります。

どうしてもアートメイクを受けたい場合は、安定期であっても、医師に相談し、リスクを十分に理解した上で 慎重に判断することが重要です。

妊娠中は、体に負担をかけないようにすることが大切です。アートメイクは、出産後落ち着いてから検討することをおすすめします。

ーーー

「ビューティーサプライ アートメイク用品個人輸入代行店」は日本では入手困難なアートメイクメイクサプライやアートメイク商材を多く取り扱っております。

アートメイクのPMUマシンをはじめ、アートメイク用ニードル、アートメイク色素、その他消耗品を数多く取り扱っております!